当山の基本

らいはいさほう

礼 拝 作 法

 

神前仏前に進む前に、手を洗い口をすすぎ、邪念雑念を払い心を鎮めます。当山神前での礼拝作法は、御鏡を切る「再拝拍手(さいはいはくしゅ)」となります。「御鏡を切る」とは、信じ拠り所とする意味を持ち、拍手の多さは神の位を表すと考えられています。

 

  御鏡を切る2.png

御鏡を切る所作

 

【始まり】

三拝 四拍手 御鏡を切り一拝 五拍手 一拝

【終わり】

一拝 四拍手 御鏡を切り一拝 五拍手 一拝

 

 

 

お つ と め

日々の祈願と感謝を祝詞・読経・歌舞で捧げる当山信仰の基本、どなた様もご参列頂けます

 

【朝のおつとめ】

5:30 本 殿

6:00 祈祷所

9:00 大師堂

 

【夕方のおつとめ】

14:00 本 殿

14:30 祈祷所

15:30 大師堂

 

※時刻は変更する場合があります

※祭礼日及び休務日は行いません

 

 

 

《当山の信仰へ》