ご案内

春季大祭のご案内

Fotor_155667727776226.jpg

 

■  日  程  ■

5月2日(木)

14:00 春季大祭前夜祭(本殿)

15:30 聖火献上の儀(本殿前)

 

5月3日(金)

 5:15 本殿御挨拶

 7:00 御山御巡幸の儀(山内/雨天本殿内)

 9:00 春季大祭式典(本殿)

 

■ ご案内 ■

・当山には駐車場がありませんので、ご来山の際はできる限り公共交通機関のご利用をお願い致します。

 ▶当山へのアクセス

 ▶行きバス時刻表(尾道駅前7番)

 

・3日大祭式典後13:00より1~2時間程度、境内の紅白幕、のぼり、提灯等の片付けを行います。お時間の許す方はご協力をお願い致します。

 ・祭礼の斎員及び天道五常会の方は、食事・宿泊予定を事前に社務所までご連絡ください。

今年は令和の初詣を

10712.jpg

 

令和時代が幕を開けました。

顧みるところ、戦争から経済成長を果たした昭和、バブルの崩壊と災害・ネット社会となった平成へ、世の中は予測できない時代が続いています。

急速に高齢化社会へと進む令和。学校では正しい答えの導き方を教わってきたはずが、経験の無い変動の中にあっては、一人ひとりが刻々と変わる答えを導き出していかなければなりません。

しかし変化は争いを生みやすいもの。令和の令には敬い、和には穏やかさや争いを治める願いが込められています。

「令和」の志しとともに、どなた様にも、大神様より新たな時代を生き抜く御加護を頂かれますようご祈念いたします。

新元号「令和」発表

令和.jpg

 

1日午前、菅官房長官により新元号「令和」が発表されました。

その後安倍晋三首相は、新元号「令和」の意味について、「春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように一人ひとりが明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込め、決定した」と発表しました。

加えて、「人々が美しく心を寄せあうなかで文化が生まれ育つという意味が込められている。新元号が広く国民に受け入れられ、日本人の生活のなかに深く根ざしていくことを心から願う」と説明しました。

 

来る五月一日には、明仁天皇が退位され徳仁親王が第一二六代天皇に即位することになります。

日本には、元号とは別に天から降りた神の子孫である一代目の神武天皇から数える「皇紀」があります。今年は皇紀二六七九年。世界が建国と滅亡を繰り返す中、日本人の多くは和こそ勝ちと考えて繁栄し、世界一長く歴史ある国となりました。

いま日本のアニメが海外から脚光を浴びる理由に、悪役との共存があると言います。正義のヒーローにも足らない所があり、悪役にも正義がある。若い世代は、異なった考えを持つ者同士が滅ぼし合うことよりも、共存の上にある平和を願っているように感じます。

摩擦が増える世界に、日本のために、今こそ「令和」の想いを。

4/4 向島新四国八十八ヶ所御接待日

7828.jpg

 

 

4月4日は、向島各所に祀られる新四国八十八ヶ所の御接待日になります。

当山は番外となり、最終八十八番大窪寺がある岩屋山の山頂。当日は早朝より大師堂をご参拝の皆様にお菓子を御接待いたします。

日頃の感謝と新年度のお願いに、どうぞ御本尊様、弘法大師様をお参りください。本殿の前を通る際には、大神様にも手を合わせてくださいね。

 

JR尾道駅新駅舎 3/10開業

001.jpg

 

JR尾道駅の建て替えが完了し3月10日に開業。目の前の瀬戸内海・尾道水道を一望する眺望デッキやホテル、カフェなどが併設されました。

当山へのバスのりばは改札を出て左側、7番「土生港前」行をご利用ください。

 

マイナビニュース

https://news.mynavi.jp/article/20190308-onomichistation/

1 2 3 4