当山は、日本を司る天照大御神を始めとする五柱の合体神「大元大御神」が、昭和39年に降臨されたことに発祥する神仏両部信仰の神社です。この近代に五柱もの高位の神々が合体・降臨されるというのは、神道史にも類がありません。 

現代には、物に恵まれた中にあっても心の幸せを得られず苦しむ方が多く居られますが、そこには道徳や感謝の心だけでは解決しない、前世や先祖から受け継いだ因縁が存在します。

肉体には寿命がありますが、魂は永遠のもの。何度生まれ変わっても解決すべき因縁から逃れることはできません。

 

当山には、祈願の成就に道を拓いてくださる神々様とともに、これら因縁の霊魂、先祖代々の霊魂を救う多くの仏様が居られます。

どうぞ功徳の第一歩として足をお運び頂き、未来の礎となる御縁を築かれますようご案内致します。

 

鎮座地の岩屋山は、伊勢神宮初代斎王「倭姫命(やまとひめのみこと)」終焉の地(神垂冥加詔)との伝説、山上に立ち並ぶ巨石群と尾道の寺々を巡るミステリーが注目されています。

 

パノラマビュー.jpg

アクセス

大神山 大元神社
鎮座地 広島県 尾道市向東町80-1 岩屋山山頂
最寄駅 JR山陽本線 尾道駅
アクセス ▼電車・バスの場合
JR尾道駅前バスのりば7番より因島土生港(いんのしまはぶこう)行バス10分 尾道大橋下車
本殿まで徒歩10分

▼タクシーの場合
JR尾道駅・東尾道駅・新尾道駅(山陽新幹線)より「向島(むかいしま)の大元神社へ」とお伝えください
※山麓の自動車旋回場までとなります

▼お車の場合
しまなみ海道(西瀬戸自動車道)尾道大橋出入口より3分
※駐車場がありませんのでご了承ください
電話番号 0848-44-0695
設備・サービス
その他